部屋掃除は準備とプロセスが重要!揃えておきたいアイテムと効率的な手順をご紹介

ストレージ王編集部
ストレージ王編集部

目次

キレイな部屋は心身の健康状態を良好に保つために大切なファクターです。出来るなら常日頃から掃除を心がけておきたいところですよね。

 

しかし現代人の生活スタイルは何かと忙しいもので、掃除に慣れていないという人も多いでしょう。

効率的かつ効果的に部屋の掃除を行うためには、事前準備とちょっとしたコツを押さえておく事が大切です。そこで今回は部屋掃除に用意しておきたいアイテムと正しい掃除の手順を紹介していきます。

部屋のお掃除で用意しておきたいもの

部屋のお掃除で用意しておきたいもの

ゴミ袋

掃除の際はある程度まとまった量のゴミが出る事が予想されるため、それらをまとめておけるゴミ袋を用意しておきましょう。

燃えるゴミ・燃えないゴミの2種類を最低限として、各自治体の仕分け方法に従ってペットボトル・空き缶など必要な枚数のゴミ袋を用意しましょう。ゴミ袋のサイズが小さいと何枚にも分かれてしまうので、45リットル程度の大きさがおすすめです。

 

ビニール紐・ハサミ

雑誌・新聞・ダンボールなどをまとめる際には、ビニール紐とハサミが必要になります。それなりの重さになるため、縦横で十字型に縛るのが基本です。使いかけのビニール紐だと意外に足りないというケースも多いので、出来れば部屋掃除の際は新しいものを用意しておくのが良いでしょう。

 

掃除機

手では拾いきれない細かいホコリや狭い場所のゴミは、掃除機を使ってキレイにしていきます。

ホコリやハウスダストは健康被害の原因にもなり得るので、部屋掃除のタイミングでしっかりと除去しておきましょう。掃除機に付属している数種類の交換用ノズルも準備しておくと、スムーズに掃除を進める事が出来ます。

 

雑巾・モップなど

掃除機で取りきれないような汚れは雑巾・モップなどで対応します。台所・床・洗面所などで使い分けするのが望ましいので、出来れば2~3枚は用意しておきましょう。

こびりついた汚れを落とす際にも使うので、掃除場所や用途に合わせて中性洗剤・重曹・漂白剤なども準備しておくと万全です。モップは片手サイズのハンディタイプもあると高い場所のホコリが落としやすくなります。

 

コロコロ

コロコロとは粘着テープをロール状にまとめて持ち手を付けた掃除道具です。

床や洋服に付いた細かいホコリや髪の毛を取り除くのに便利なので、1つ用意しておくと掃除が捗ります。大抵の場合は付け替え用のロールが別売りされているので、一度本体を購入しておけば次回以降の掃除にも経済的に使いまわしていけるでしょう。

掃除の手順

掃除の手順

片付け

効率的な掃除の手順は、まず散らかっている荷物やゴミを片付けるところから始まります。

掃除機やモップがけの妨げになる細かい家具類や子供のおもちゃは、一旦部屋の隅などにまとめておくと良いでしょう。不用品は自治体の分別基準に則って仕分けして、用意しておいたゴミ袋に詰めていきます。

 

ほこりをとる

ある程度部屋が片付いたら、今度はハンディモップやはたきを使ってホコリを取り除いていきます。いきなり掃除機をかけてしまうとこまかりホコリがフィルターに目詰まりして、掃除機の吸引力が低下してしまう可能性があるので注意しましょう。

また、ホコリを落とす際には「上から下へ」という導線を意識するようにしてください。先に下の方にあるホコリを取り除いても、その後に高い場所のホコリを落とせばまた下にホコリが溜まってしまいます。ホコリ落としは照明・テレビ・棚の上といった高所から始めましょう。

 

掃除機をかける

部屋全体に掃除機をかける際には「奥から始めて手前に向かう」という事を意識してください。掃除の最中はホコリや塵が舞いやすく、歩いているだけでも足の裏にゴミが付着しやすいです。

そのため、手前から始めて奥に向かっていくと、掃除した箇所に足裏のゴミが残ってしまいます。床にワックスがけしたい場合には特に重要なポイントなので覚えておきましょう。

 

床を拭く

掃除機であらかたのゴミやホコリを取り除いたら奥から手前に向かって床を雑巾がけ、あるいはモップがけしていきましょう。雑巾を使う場合には水拭き用と乾拭き用の2種類を用意しておくと効果的です。

また、洗剤を使用する際には刺激の弱いものから試して、それでも落ちない場合に強力なものを使ってみてください。そうする事で、部屋の建材や家具へのダメージを最小限に抑える事が出来ます。キッチン周りの床がベタベタして気になる場合には、重曹をぬるま湯に溶かしたものを吹きかけて雑巾がけしてみましょう。

コロコロをかける

掃除の仕上げには床にコロコロをかけていきましょう。これで掃除機や雑巾がけでも取れなかった細かいゴミを取り除きます。コロコロは一度に使える面積が限られており、ゴミが付着した部分の粘着力が弱まるため最後の仕上げに使うのが効率的です。

 

ポイントを押さえて効率的に部屋を掃除しよう

部屋掃除は業者に依頼するというのも1つの手段ですが、普段から掃除を心がけておけば1回あたりの負担は少なく済みます。出来れば週に1回、最低でも1ヶ月に1回は部屋の掃除を行ってキレイな状態を保っておきましょう。

部屋掃除は事前に道具をしっかり準備して計画を立てる事、そして「上から下へ」「奥から手前へ」という基本を抑える事で効率的に終えられるでしょう。いつもキレイな部屋で、素敵な毎日を過ごしてください。

綺麗な部屋を維持するにはどうしたらいい?散らかる原因や片付けのコツを紹介

ストレージ王編集部
ストレージ王編集部
ストレージ王では収納や片付け、引っ越しなどをテーマに、日常のお悩みを解決できるお役立ち情報を発信。またトランクルーム運営会社だからこそできる、トランクルームの活用方法についても紹介しています!